クレジットカード現金化が危ない理由

インターネットや広告などで「クレジットカード現金化」という文字を目にしたことがある方もいるかと思います。
キャッシュレスで買い物ができる時代になり、ニーズによって提供されているサービスです。
今回は、クレジットカードを現金にできる仕組みと、現金化をするには危ないと言われている理由についてお話させていただきます。

クレジットカード現金化について

クレジットカードの機能には、カードを利用して現金を借りることのできるキャッシング枠と、買い物の際に利用することのできるショッピング枠が設けられています。
通常、ショッピング枠はあくまでもカード決済のために使われるサービスです。
しかしこれを利用すれば、買い物した品を売却して現金を入手することができます。
この手法が「クレジットカード現金化」と呼ばれています。

違法性について

クレジットカード現金化は、正当な手法と表ざたにできないのも事実です。
しかし、明確な法律違反にはならないのが現状です。
危ないと言われていますが、商品を売却する買取式も商品を購入して得られるプラスαのキャッシュバック式も、行為そのものは買い物にあたります。
不要な物を売っただけなのに危ない行為でしょうか、キャッシュバックを受けただけなのに危ないサービスでしょうか。
プレゼントしようと思って買ったけれど、渡せなかったから買取業者に売却したというのは、危ない橋を渡る行為になるでしょうか。
曖昧さがあることは事実です。
だからこそ、適法・違法の線引きができずにグレーゾーンだと言われています。
自信満々には行えない行為・サービスですが、実状としては違法性はありません。
ただし、法律上は問題なしでもカード会社はこうした行為を許してはいませんから、十分に注意した利用をしましょう。
危ないといわれているのはカード利用停止というカード会社の行為になります。
これは高額な商品を買わないことで回避ができますし、カード会社から連絡がきても、現金化についてだんまりを決め込むのが良いでしょう。
そのためには、自分が使えるモノを購入しておき、言い訳に利用しましょう。

危ない理由

クレジットカード現金化が危ないと言われている理由について解説したいと思います。
たとえば、損をする取引になるからだとも言われています。
手軽に現金を手に入れる方法ではありますが、クレジットカードで払った金額以上の現金が手に入ることはありません。
使えば使うほど負債が増えます。
ちなみに、クレジットカードの支払額と手に入れた現金の差額はカードローンの利息に比べて大きいものです。
なので、借りられない、すぐにでもお金が必要というピンチのときに利用を考えましょう。
また、危ない橋を渡らせる悪質業者も多いことが現実です。
現金化のために使ったクレジットカードの情報が盗まれたり、お金が振り込まれなかったりというリスクもあります。

まとめ

クレジットカード現金化は危ない橋渡しと言われています。
もちろん、個人情報を盗み出そうとする現金化業者もゼロではありません。
しかし、違法性はありません。
安心できる取引先としては、優良業者を選ぶこと、無理な買い物をしないことになります。