クレジットカード現金化では個人情報の保護に熱心な業者を選ぶ

現金が必要になった時、クレジットカード現金化を使うと緊急事態を凌げることがあります。
しかしクレジットカード現金化には一定の個人情報を提供する必要があるため、気をつけていないと個人情報が流出する被害に遭ってしまうこともあります。
ここでは現金化の際に個人情報を守る方法について解説します。

クレジットカード現金化の手続きで必要になる個人情報とは

通常、クレジットカード現金化業者のサイトには専用の申し込みフォームが用意されています。
まず申し込みフォームに名前と住所、クレジットカード番号などを入力して業者側に送るとメールが返ってきます。
このメールには身分証の写真を撮影して送るようにと書かれているので、それに従うと申し込みフォームで入力した内容と身分証が照合されてクレジットカード現金化の許可が降りることになります。
この一連の過程で必要になる個人情報は、名前・住所・年齢・身分証の内容・銀行口座とクレジットカードの番号といったものになります。

身分証は住所と年齢確認のために必ず必要になる

業者に提出する個人情報のうち、もっとも重要になるのは身分証の内容です。
しかしクレジットカード現金化業者では未成年者の利用を禁止するために年齢確認が必須となっています。
年齢確認は公的な身分証で行うしかないため、身分証の提示を断ることはできないと考えておきましょう。
また住所欄が名前と一緒に載っていないタイプの身分証を使う場合、別に住所確認書類を用意しておく必要もあります。
クレジットカードの名義人と身分証の持ち主は一致していなければならないので、第三者の身分証を代わりに使うといったこともできないので注意しましょう。

身分証の黒塗りが許可されている箇所は必ず隠す

公的な身分証の一つにマイナンバーカードがありますが、マイナンバーカードは個人情報保護が難しいため利用不可としている現金化業者がほとんどとなっています。
しかし一部には不要な項目を黒塗りにした上でマイナンバーカードを身分証に使える業者も存在します。
運転免許証やパスポートを持っていない場合はマイナンバーカードを使うのが便利ですが、この黒塗りの指定に関しては個人情報を守るために絶対に行っておくようにしましょう。
マイナンバーカードの一部情報を隠せるケースがある場合はそれを使い、ない場合は写真を加工して黒塗り処理をしておくようにしましょう。
今のスマホの写真機能であれば黒塗り処理は簡単に可能です。

クレジットカード現金化で個人情報が流出すると起こること

万が一クレジットカード現金化で個人情報が流出してしまうと詐欺の標的になったりクレジットカードが不正利用されてしまう恐れもあります。
また一部の悪徳業者に引っ掛かってしまうと、事故ではなく故意に個人情報を売られてしまうケースも存在します。
こうした事態を避けるためには個人情報の保護に重点を置いている信頼できる現金化業者を利用することが大事になります。
各現金化業者の個人情報の取り扱いについては主に「プライバシーポリシー」のページにまとめられているので、面倒でも一度は目を通しておくようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の際には個人情報を提出することが必須となっています。
しかし何も考えずに個人情報を扱うのは非常に危険なので、業者に渡す個人情報が最低限で済むように工夫をすることも大切と言えるでしょう。
また現金化の業者自体も換金率などのお得さだけでなく、個人情報をしっかり守ってくれる業者かどうかという視点も込みで選ぶことが必要になるでしょう。