クレジットカード現金化を利用して、自己破産することとは

クレジットカード現金化を利用することは、一種のリスクを背負います。
仮にこの方法を使い続け、しっかり今の借金を返済出来れば何も起こらず事は済みますが、もしそれすら出来なくなったら、それは悲惨な末路の始まりです。
ここではクレカ現金化をおこなうにあたり、真に止むを得ず自己破産を考えた場合について、どういったことが今後想定されるのか、またそうならないために気を付ける点などを説明させていただきます。

クレジット現金化で自己破産する人とは

まず自己破産とはどんなものか説明させていただきます。
これは裁判者に破産申立書を提出し、「これ以上の借金返済が不可能であるという免責許可をもらい、今の借金を免除してもらう」ことを言います。
今の借金返済から逃れることは、自分からすると精神的に楽な話かもしれませんが、これをおこなうことにより保証人になった方へ迷惑は掛かるし、現在の財産などは全て処分されることとなり、今後自分が人生を歩むには絶対に使いたくない制度の一つです。
クレカ現金化を利用している人とは、他の債務にも追われており、自転車操業でカードの支払いを繰り返し、気が付けばいつまで経っても支払いきれない利息の餌食になり、結果自己破産や任意整理をする方がほとんどです。
クレジットカード現金化とは、一過性的な現金用立てで利用するには適している方法とお考え下さい。
ただし借金返済が長く続くと、こういった制度を使わざる得ない結果になることも理解して欲しいと思います。
つまり、いつまで経ってもクレカ現金化に頼らざる得ない方であれば一度冷静に自分の経済状況を見直し、いつまでに返済できるかなどをおこなってください。
それが難しいならクレカ現金化は止めてもらった方がご自分のためになります。

クレジットカード現金化で自己破産できない?

最後の策として自己破産の話をさせていただきましたが、本当に手詰まりになったら自己破産すればいいや位の軽い気持ちは捨ててください。
クレカ現金化を利用して借金が返済されなくなった場合、自己破産が出来ない可能性があります。
裁判所に立場からすると、クレカ現金とは、カード会社との契約上、絶対にやってはいけない行為です。
それでクレカ現金化で自己破産しても免責許可を裁判所から得ることが困難です。
破産法の252条には、「面積不許可自由」とあり、クレカ現金化はこれに当てはまります。
自己破産は将来を考えると使いたくない制度の一つですが、借金返済の見込みも立たない状態で自己破産も出来ないとなれば、さらに自分を追い詰めることになるでしょう。

クレジットカード現金化を利用する人が注意したい事

当たり前の話を言います。
借りたものは必ず返す。
これは最低限徹底して欲しいです。
極論かもしれませんが、仮に支払いに遅延や滞納があったにせよ、しっかり全額返済すればこのような自己破産の話まで進みません。
大事なことは、お金を借りるにしても計画的な借金であることです。
これがギャンブルや娯楽中心で一体いくら借りれば足りるのか判らない様な借金は避けて欲しいということです。
もし未だ、いつまでに借金を返済する計画を立てていないのであれば、今すぐ動いてください。
そこですでに黄色信号なら、弁護士などへ直ぐに相談する勇気があなたの今後の人生を救ってくれると思います。

クレジットカード現金化自己破産 まとめ

以上まとめになりますが、クレカ現金化を利用しながら今の返済に限界を感じ始めたら、自己破産させればいいや等と考えることは止めた方がいいです。
この場合自己破産すら出来ないケースが想定されます。
一番の解決策は、借りた借金は必ず返済する。
また弁護士などに出来るだけ早く相談することをおススメします。